サラリーマン

会社に行きたくない40代男性がやるべきこと考えること

サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

えのやん!こと榎原佑太と申します。僕がどのようにしてネットビジネスで3億稼いだかについてストーリーにしましたのでご覧ください。

>> えのやん!のプロフィール

社会人になり、仕事を続けて十数年経つ40代男性。

同じ職場で長年働き続けいているのであれば、役職にも就いているかもしれませんし、そういったチャンスもあったでしょう。

一方で、40代であったとしてもなかなか上手く昇進することもなく、転職を繰り返している人もいるのではないでしょか?

 

いずれにせよ、40代男性が会社でのそれぞれの立場において『会社に行きたくない』と思うこともあるでしょうし、『辞めたい』と思ってしまうことも。

年齢を意識すればするほど『どうすればいいのかわからない』といった気持ちにもなってしまうのではないでしょうか?

ここでは、会社に行きたくない40代男性がやるべきことや考えをお伝えしていきます。

40代男性が会社に行きたくない理由は?

40代男性であれば、家庭を持っている人が多いでしょうし、独身であったとしても『後がない』状態ではないでしょうか?

家族のことを考えると簡単に会社を辞めて、環境を変えるなんてこともできないでしょうし、独身であったとしてもそれは同じ。

年齢的にも転職して再就職なんてそう簡単なものでもないでしょう。

例え特別なスキルを持っていたとしても『会社に適応できない人なのか』などといった、思いもよらない印象を持たれてしまうことも。

まずはあなたが会社にいきたいくない理由を明確にしつつ、他に潜在的な要素はないかを知り、それらに対して対策を講じた方が良いでしょう。

そもそも仕事に興味がない・つまらない

今行っている仕事に興味がないようですと、何をやってもつまらないですし、生産性も低いです。

興味もなければつまらないなんて状態ですと、それこそ会社になって行くのは辛いでしょうし、『何のためにやってるんだ?』と思うようになり、行きたくないのは当たり前です。

例え、お金のためとはいえ、何かしらの価値や楽しみを見出すことができなければ苦痛になります。

仕事に飽きた

興味がないことに少し似ていますが、仕事に飽きてしまった場合も会社に行きたくないでしょう。

これにはいくつかのパターンがあります。

考えられるパターン
  • やりたいことを既に叶えいて燃え尽きた
  • やりたいことがなくなった
  • 職場や組織の体制に絶望した
  • 同じことの繰り返し

などなど、やる気に満ちたあの頃と比べて新鮮な気持ちを持つことができず、とにかく何をやるにも億劫な状態になってしまう。

 

同じことを繰り返していきながらこなしていくのが仕事でもあるのですが、何一つ楽しみややりがいを見出すことができなくなってしまうこともあるでしょう。

また、業務の中で新しく覚えることもなければ、できないこともほとんどないほどになってしまうと飽きてしまうのも仕方がないかもしれません。

人間とはそういう生き物で、脳内ホルモンである『ドーパミン』の分泌は数年で減少していく傾向にあり、何か新しい目標を持つことができないと飽きるようになっているのです。

やりがいもなく、面白いこともなければ仕事が辛くなってしまうことはありますし、会社に行きたくないと思ってしまいます。

そういった虚しさや無気力感は悪循環しか生まず、ますますモチベーションを維持することが難しくなってくるのです。

もはや理由もわからない

とにかく会社に行くのが辛く『とにかく働きたくない』という人もいるでしょう。

面倒になってしまうこともあるでしょうし、本当に理由が見つからない人もいます。

そういった場合は、精神状態に何かしらの異常があり、しっかり受診をしておく必要があります。

プライベートなことが原因かもしれませんし、会社に原因があるかもしれません。

『理由がわからない』状態が続くことは危険ですので、まずは何に原因があるのか医療機関を頼ってみる必要もあるでしょう。

自分の仕事に自信が持てない

自分の仕事に自信が持てない
  • なかなか仕事が上手くいかない
  • 効率が上がらない
  • 成果が出ない
  • デキる人と比べてしまう

こういった場合『自分は仕事ができない人間なのではないか』と思い込むようになり、『会社に必要とされているのか』とも思うようになってしまいます。

そうなると、仕事に対しても、自分自信に対しても自信を持つことが難しくなり、モチベーションも失ってしまうのです。

特に40代ともなると、仕事に対してもそれなりにプライドが発生している時期ですし、立場的にも上に立つことも多いでしょう。

また、結局のところ誰もが『見返り』を求めているわけで、頑張っていることに対する報酬は何かしらの形でほしいわけです。

自信を実感できるもの
  • 仕事が上手くいった
  • 収入が上がった
  • 感謝された
  • 頼られるようになった

など、目に見えるものがないと自信を保ち続けることは難しいのです。

労働環境

40代ともなると、20代の頃のような体力や気力は多少なりとも低下しています。

  • 仕事内容
  • 負荷の重さ
  • 長い拘束時間
  • 残業の多さ
  • 上がららない収入
  • 評価されない

それにも関わらず、このような労働条件が何も変わることなく続いてしまっては辛くなってしまう一方。

例え簡単にこなせる仕事でも、体力面や前述したようなモチベーションの低下によって抵抗を感じてしまうのです。

変わらない状況の中で、毎日毎日家と会社を行き来するだけの人生なんて、とてもつまらないものです。

そして何より、会社に属しているだけで『自分で時間も仕事も選択することができない』ことが最も苦痛なわけですよね。

人間関係が辛い

会社は多くの人が集まる場所であり組織です。

全ての人があなたと気が合うわけでもなく、もちろん苦手な人もいるでしょう。

年齢も違えば性別も考え方もみんな違う。

だからこそ、大人としてお互い気を遣い合い、気持ちよく働ける環境作りをしようと努力していきますよね。

 

しかし、中にはあなたに対して明らかに嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんし、あなただってそう思う人ができます。

そんな人とのやり取りは明らかに苦痛ですし、上手く仕事を進めていくこともできにないですよね。

だからといって、その想いを直接伝えることにメリットはほとんどありません。

無理をして歩み寄ろうとしても、そもそも生理的に無理な場合はストレスにしかならないのです。

しかし、あなたに攻撃を加えてくる人に対しては考え方を変えましょう。

第三者に助けを求めるあるいは、その人に対して自己主張し自分を守りましょう。

ただただ受けているだけでは状況は何も変わらないです。

許容範囲を超えている

そもそも今の仕事内容がいつまでもあなたのキャパを超えている場合や、成長を感じることがないない場合は苦痛になってくるはずです。

能力の限界を感じ、自信をも失ってくんですね。

また、そういった自分が今までやったこともないようなことを、何の知らせもなく無理に頼まれ続けるとこのことが起こってきます。

やりたくもない仕事を『やらされる』状態はとても苦痛で耐え難いもの。

依頼主とあなたの関係性が構築できていない場合は余計感じてしまうでしょう。

『押し付けられる』とも言い換えることができますよね。

辞められなくて辛い

就職することが難しい世の中である一方で、辞めることが難しい場合もあります。

40代ともなれば即戦力であることは多いはずですし、前述したようにそれなりの立場でもあるでしょう。

そんな時にあなたが『会社を辞めたい』といっても、会社はあなたを離したくはないのです。

あなたの変わりを育てる余裕がないか、あなたへの信頼が厚いかのどちらかになるとは思います。

 

しかし最も大きな要因は『お金のため』であることが多いでしょう。

給料がなくなってしまえば生活ができなくなってしまいます。

そうして会社に依存せざるを得ない時こそ、苦痛を感じるのです。

先が見えない苦痛

40代にもなると、20代や30代の頃のような明確な目標がなくなり、虚しさを覚えることもあるとお伝えしました。

仕事自体がきついものでなくても、新しいステージでの負荷があっても、40代にもなれば『会社の将来性』について見えてくるようにもなんですよね。

  • 収入の限界
  • やりがいの限界
  • 出世の限界

などが見えてくるようにもなり、仕事に対するモチベーションが下がってしまうのです。

勤続年数や人生経験を積んできたからこその悩みでもあります。

このような状態が続いていくことは、精神衛生上もよくないでしょう。

40代の転職に対する不安

今の会社に行きたくないと思い、転職を決意したとしても、40代で転職することは市場の中での評価としては厳しいのが現状です。

そこに不安を感じ、ますますやる気が低下し、会社に行きたくなくなってしまうことも。

  • 新しい会社で活躍したい
  • 新しい会社で自分の力を発揮したい
  • 新しい自分を見つけてみたい

と思っても、年齢をみて判断されてしまうこともあるのです。

だからといって転職できないわけではないのですが、少なくとも働きながら転職活動をしていくことになりますよね。

 

働きながらの転職活動は決して楽ではなく、そんな毎日を続けていくこと自体に苦痛を感じてしまうでしょう。

転職とはリスクもありますし、決して簡単に上手くいくとは限りません。

このような不安があなたのモチベーションをますます下げて行くことにつながるのです。

40代男性が今すぐやるべき対処法

40代男性が会社に行きたくないと思う理由は人それぞれあるとは思いますが、いづれかの項目に該当したのではないでしょうか?

ただ、そのような理由があっても対処法はいくつかありますし、何もしなかれば何も変わりませんよね。

まずはあなたが考え、少しずつでも行動に移すことが重要になってきます。

今あなたができることを1つずつでもやってみてください。

転職を検討してみる

40代での転職は厳しいとお伝えしましたが、チャンスは必ずあります。

あなたの強い意志や目標があるのであれば、転職を検討してみるべきですし、実際に新しい環境を探してみるのも良いでしょう。

前述したように、何もしなければ何も起きませんし、状況は一切変わることはないのです。

 

会社が違えば変わるものはたくさんあります。

  • 仕事に対する文化
  • 仕事内容
  • 人間関係
  • 労働環境・条件
  • 会社の将来性

新しい目標ややりがいをみつけることができるかもしれませんし、あなたがより活躍できる場所があるかもしれません。

また、新しい自分を発見したり、よりあなたが求められるようになるかもしれません。

そうした変化を求め、転職を検討してみることは決して無駄なことではありませんし、40代だからといって遅いということはありませんよ。

人はいつでも変われます。

身近な人、経験者へ相談してみる

そもそも一人で悩み、抱え込んでしまうこと自体が精神的にも良くありません。

一人で悩み続けているからこそ、どうすれば良いかわからなくなるだけでなく、それ以上にアイディアも浮かばないのです。

家族や友人といった信頼できる人に相談することで、勇気が湧いたり、決断するきっかけとなる可能性もあります。

 

また、同じように悩み行動したことのある人に相談するのも良いでしょう。

会社をやめたいと思い、実際に転職した人のアドバイスでも良いですし、同じ職場でどのように上手く働き方を変えたり、気持ちを切り替えることができたのかなど。

先人の意見や経験はとても参考になるはずですし、例え一般的な返答だったとしても、あなたが1つでも行動に移したことや、思っていることや考えを伝えたことに意味があるのです。

一人では思いもつかないことや気付きがあるので、ぜひ行動してみましょう。

改めて価値観を考えてみる

会社に行きたくないと漠然と感情を出し続けるだけでなく、なぜ会社にいきたくないのかを掘り下げてみてください。

  • なぜその仕事を選んだのか
  • なぜその会社を選んだのか
  • 目標・目的はなんだったのか
  • 何をやりたかったのか

その上でこのようなことも振り返り、あなたの価値観を明確にしておきましょう。

そのことによってもう一度やりがいを見つけるきっかけになったり、悩みを解消する方法が見つかるかもしれません。

また、あなたの立場や役割を振り返りことで『必要な存在』であることも再認識できるかもしれません。

もし、考えても考えても何も変わらない場合は、ここに上げる別の対策を検討してみてください。

とにかく1つでも行動に移していくことが重要です。

 

さらには、自分の強みを探すために仕事をしてみるのも良いでしょう。

仕事内容や成果に自信がないあなたも、必ず業務上の強みがあるはずです。

仕事に自信を持てないと悩む多くの方が、それが漠然としてしまっていたり見つけられていないこともあるはず。

長所や他に負けないものを見つけるため、極めるために仕事に取り組んでみても良いんですよ。

新しい仕事を提案してみる

興味がなくなったから会社にいきたくないという人もいるかもしれませんが、同じ会社や部署でも他の役割りを上司に提案してみるのも良いでしょう。

同じことをずっとしているよりも、改めて違う仕事内容をすることができれば自分の仕事に興味を持つことができるかもしれません。

新しく必要な技術や知識を得ることで、やりがいや楽しみを見出すことができるかもしれません。

そうして目標の再設定ができるかもしれませんし、モチベーションも上がる可能性があります。

大胆に休んでみる

とにかく何もしない時間をつくってみるのもあり。

長期休暇を申請し、とにかく余計なストレスのかからない状態を作ってみるのも良いでしょう。

あなたの想いを話せるのであれば伝えた上で休みを申請するべきですが、どちらにしても有給休暇の権利はあるはずです。

たった数日でも無駄にはならないはずですので、なるべく多く休んじゃいましょう。

その感に考えることも、ちょっとした行動を取ることも、身体を休めることもできるわけですから。

自分で仕事に変化を与える

40代ともなると、職種によってはベテランの域に達していることも多いでしょう。

すると、会社があなたが今の仕事に習熟したことを察して、新しいポジションを準備してくれるとは限らないわけです。

あなたはその道の職人として、飽きてようが何だろうが培ったスキルを使い続けることを求められる可能性があります。

与えられた仕事では自分の能力が広がらない時には、自分で自分の能力を強引に押し広げていくことも必要です。

幅を広げていくのか、深く掘り下げていくのかは自分で決めていいのです。

 

新しい仕事を提案してみることや、今までやらなくても良かった仕事をやってみるなど、何でもいいので変化をつけてみるのです。

今のスキルでより高みを目指してもいいわけですし、そこで得られる景色は必ず変わるはず。

もしくは『どれだけ正確に早く仕事を終わらせられるか』に挑戦したっていいじゃないですか。

ゲーム感覚で高い効率を求めることで、あなたには時間が生まれるだけでなく、信頼や感謝だってされることもあるんです。

その上で、改めてあなたの価値を見出すことができるかもしれません。

執着を捨てる

こだわりや執着が強すぎると、あまり幸せを感じられなくなってしまうこともあります。

むしろ思い切って今までのこだわりを捨て、もっと広い視野で物事をみて考えることができれば、気が楽になるかもしれません。

達成できそうにない目標をいつまでも追いかけなくたっていいと思いますし、他の目標に変えたっていいんです。

『しなければならない』をもう一度考え直し、肩の荷を軽くしてあげることも必要ではないでしょうか。

 

その上で、『本当は何をしたいのか』・『成し遂げたことはどこにあったのか』というところにフォーカスし、『嫌だ』・『したくない』といったネガティブな感情を一度リセットする必要もあります。

一度会社に行きたくないとか、辞めたいと思ってしまうと、良いイメージや思考は生まれません。

大事な判断もできなくなりますし、その判断によって後悔してしまうかもしれません。

そのためにも、可能な限りポジティブなイメージでいられるようにし、少しでも良い判断ができる状態を作っていった方が良いでしょう。

そのことによって、どのような結果になったとしても、後悔をするのではなく『経験』と捉えることができ、また次のステージへと進むことができるのです。

新しいことを始めてみる

もともと仕事は手段に過ぎません。

会社も職業も、自分が成し遂げたいと思うことを実行するための仕組みでしかないのです。

だったたら、一度全てをリセットするために、新しいことに挑戦してみると、全てが変わります。

もちろん、簡単なことではないですし、楽なことでもありません。

しかし、たった1度の人生ですから、何かに挑戦し始め、自分の知らなかった世界を体感することも人生を豊かにするために必要なのではないでしょうか?

そこで得られるものは本当に多いですし、それであなたの理想が叶うことになれば、新しい自信にもつながるわけじゃないですか。

自分で稼ぐ方法を選択する

そういった意味では、会社に依存することやめ、全てを自分で選択することができるよう『自力で稼ぐ方法』を身につけてみるのもあり。

何も会社をやめなくたっていいですが、自力で稼ぐ+やりたい仕事で兼業したっていいでしょう。

自分で稼ぐスキルを身につけることができれば、それこそ世界が変わりますし、会社に行く必要もなくなる。

自分の好きなことを仕事にすることだって可能なわけで、まるで世界が変わります。

それこそ、人間関係だって労働感環境・条件だって全部変えることができるのです。

 

もし、あなたが自ら稼ぐスキルを身に付け、副業にせよ独立するにせよ、会社への依存心をなくすことができれば本当に気持ちが楽になるのではないでしょか?

今すぐその方法を知ってみたいという方は私の7日間の無料講座にご参加ください

>>  メルマガへ登録する!

 

どうせやるならできるだけリスクがなく、全てがプラスに働くことの方が思い切ってチャレンジすることができると思いますし、少しずつでも行動に移すことができますよね?!

『会社に行きたくない』と悩み続けている方こそ、参考にしてみてください。

会社に行きたくない40代男性がやるべきことのまとめ

会社に行きたいくないと思っているのであれば、辞めても良い状況や、その負担を少しでも軽くする方法を検討した方が絶対にいいです。

このまま何もせず悩み続けていることこそ、時間の無駄になりますし、あなたはどんどん病んでいくばかり。

あなたが理想とする生活は絶対にあるはずですし、40代の今だからこそやれることを少しもやってみるべきです。

今まで経験したことのないものであろうと、そこに価値を感じるのであれば動き出した方がいい。

あなたの人生はあなたが決めるんです。