フォレックス・ドットコムクチコミ情報

サラリーマンの副業で20万を超えるようなら確定申告が必要!

この記事は 4 分で読めます。

毎度ありがとうございます!

特化型ブログとツイッタ−で月250万稼ぐえのやん!です。

 

最近、コンサル生が驚くほどの成長っぷりで

実績ラッシュとなっています。

 

来月は、月収10万を超えるコンサル生がかなり出そうな予感です。

Team LET’S GOでのコンサル生の実績

 

さて今回は、サラリーマンの副業で収益が20万を超える場合は

確定申告が必要だよ!!って話をしていきます。

 

どんな人が対象なの?

専業で年間38万円超える所得がある人

※つまり、主婦のお小遣い稼ぎもこれに該当する可能性があります

私は主婦でそんなに稼いでいないから大丈夫

と安心してはだめですよ!

 

38万となると、月に3万ちょいくらいのお小遣いを稼いでしまうと

超えてしまう計算になります。

 

しっかりと確認していきましょうね。

 

既に、給与があり、年間20万を超える所得がある人

※サラリーマンの方が該当するでしょう

 

というように、この条件に当てはまってしまえば

いやがおうでも、税金を納めないとまずいということになります。

 

税率ってどのくらいかかるの?

税率は、稼いでいる額の大きさで異なります。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195~330万円以下 10% 97,500円
330~695万円以下 20% 427,500円
695~900万円以下 23% 636,000円
900~1800万円以下 33% 1,536,000円
1800~4000万円以下 40% 2,796,000円
4000万以上 45% 4,796,000円

※4000万円超えは2015年より施行

 

稼いだら稼いだ分もっていかれるという・・・

なかなか悲しいですね

 

ただ、この国で暮らしている以上は仕方のないことなので

きっちりと納めるしかありませんね。

 

確定申告って難しいの?

なんか、確定申告という言葉を聞くだけで

なんだか難しそうだな・・・と思うかもしれませんが

必要な書類と、記入する前に整理をしておくことで

実際には、初めての人でも問題なく申告することは出来ます。

 

実際にサラリーマンのときでも

確定申告をしていた人もいるはず!

 

年末調整でてきようとならないもの、例えば医療費控除、寄付金控除、住宅ローン控除など

そういうものがある場合は、サラリーマンであっても申告した方が良い場合があります。

 

申告しないでばれたらどうなるの?

脱税で大変なことになった!!

という話を耳にしたことはありませんか?

 

実際に僕の知り合いのアフィリエイターの人でも

しっかりと申告しなかったことが、後々ばれて

追加で支払いをした際に、ペナルティ分がかかって

通常よりも余計に多くとられてしまった・・・

ということを何度か聞いたことがあります。

 

というように、正しく申告しないと

後で罰を受けるようになってしまうので

正しく申告しておきましょうね。

 

税金取られるくらいは稼ぎたい!!って人はこれを読んでおけばいい

税金取られるくらいガッツリ稼ぎたい!!

という人も多くいると思うので、まず結果を出したいというのであれば

僕の無料のレポートでアフィリエイトを学ぶのがいいと思います。

 

通常であれば、2.30万するようなレベルの教材を無料で提供しているのですから

もっておいて損はないでしょう。

 

ちなみに、僕が月200万以上を稼ぎ、

2014年8月は、自己最高の月収1200万を達成することが出来るようになった

ビジネスに対する考え方が無料のメールマガジンで学ぶことが出来ます。

 

登録するだけで、2.30万するような教材も手に入るので

是非とも、気軽に登録してみてくださいね。

世間では20万で販売されるような情報を無料でお届け

メルマガ講座

こんな記事もよく見られています

2014-11-21 | Posted in おすすめの副業No Comments » 

関連記事

Comment





Comment