独自ドメインとは?ドメインの種類を理解して効率よく使いこなせ!

この記事は 4 分で読めます。

毎度ありがとうございます!

特化型ブログとツイッタ−で月250万稼ぐえのやん!です。

 

ブログやサイトを運営するようになると、ドメインという言葉を聞くと思います。

今回は、ドメインについて学び、自分のブログやサイトにアクセス効果的に集めていきましょう。

 

ちなみに、当サイトのドメインはenoyantorend.comとなります。

取得したのが、1年半くらい前になるのですが、そのころから情報発信をしていくことを

意識していたので、自分のコンセプトに合わせたドメインを取得しました。

 

目次

独自ドメインとは

ドメインとは、インターネット上の住所やメールの宛先に使われる文字列のことです。

 

サイトアドレス

http://www.○○○.com

メールアドレス

アカウント名@○○○.com

 

ドメインのうち、○○○の部分は自分の好きなように決めることが出来ます。

いわゆる、独自ドメインと呼ばれるものです。

 

ちなみに、ワードプレスの準備編で説明したように

独自ドメインの種類は大きく分けて3つあります。

 

・新規ドメイン

・日本語ドメイン

・中古ドメイン

 

これらについて、次項で詳しく説明してきます。

 

新規ドメイン

ドメインが育つまでに時間がかかりますが、ペナルティリスクがありませんので

確実に育てて強くしていきたいサイトや長期的に運営するブログに最適と言われています。

 

えのやん!ブログのドメインも新規ドメインとして取得しました。

運用し始めてからインデックス(検索エンジンに認識)されるまでに

時間がかかりましたが、運用から3ヵ月ほど経過したくらいから

記事を投稿すると直ぐにインデックスされるようになりアクセスも安定しています。

 

日本語ドメイン

商品名やキーワードがぴったり合致すると、SEO 的に非常に強い効果を発揮します

そのため販売サイト向けドメインで、狙ったキーワードで取得できる場合は、

積極的に利用することをおすすめしています。

 

日本語ドメインに対応していないレンタルサーバーもあるので

気をつけて運用するべきですね。

 

中古ドメイン

過去に誰かが利用していたドメインで、被リンク効果やドメイン評価を引き継ぎますが、

運営しているものと関係のない被リンクが貼られているので上位表示しにくい傾向。

 

 

中古ドメインは、ドメイン評価を引き継ぐので

当然悪い評価も受け継いでしまいます。

 

取得したとしても、しっかりとチェックを行わないで使ってしまうと

ペナルティを受けてしまうこともあるので、初心者の運用には注意が必要となります。

 

ドメイン取得はどこでする?

上記で説明したドメインを取得する為には

ドメインを販売しているサイトで購入する必要があります。

 

当サイトの管理人が使用しているおすすめの

ドメイン取得先を下記で紹介していきます。

 

お名前.com

東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するサービスです。

ASB48などを起用してCMを打つなど、非常に露出が高いです。

ドメインも120円から扱っていて非常にリーズナブルなので初心者でも取得しやすいです。

お名前.com

 

VALUE-DOMAIN

こちらのサービスもユーザから定評があり、使いやすいサービスです。

管理人は、一番使いやすいのでこちらで日々大量にドメインを取得しています。

VALUE-DOMAIN

 

ドメインを正しく理解して、効果的に運用していきましょうね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

世間では20万で販売されるような情報を無料でお届け

メルマガ講座

こんな記事もよく見られています

2014-10-08 | Posted in WordpressNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment